So-net無料ブログ作成
★最新 台風18号2014の進路予想★
【10月6日】 

台風の進路予想目安【月別】

こんにちは!

気象予報士のMasakiです。

今日は

台風の進路予想の目安を月別にわかりやすく説明します。

これであなたも台風マスターです(笑)。

スポンサーリンク






ところで、

台風は夏にしか発生しないと思っていませんか?

実は台風は一年中発生しています。

冬から春先にかけては赤道に近い低緯度地方で発生して、そのまま西に向かっていきます。




台風が日本に上陸するのは8月や9月が多いですよね。

これは、夏季になると台風が発生する緯度が高くなるのと

太平洋高気圧の張り出し具合が大きく関わっています。




台風は、太平洋高気圧の周りを吹く上空の風に流されて

まるで高気圧の陸上トラックを逆走するように進みます(笑)。




台風が近づいたら外出厳禁!!
そんなときは、おうちでネットDVDレンタルを楽しもう


7~8月は、太平洋高気圧が日本列島をすっぽり覆いますよね。

だから台風は列島を大回りして朝鮮半島や大陸に向かうことが多くなります。




そして8月と9月は1年で台風がもっとも多い季節です。

8月から9月になると、太平洋高気圧は東に後退するので

台風はちょうど南海上から放物線を描くように

日本付近を通ることが多くなります。




台風には「夏台風」と「秋台風」があるのですよ。

夏台風は、動きが遅く進路予想が難しい特徴があります。

その理由は、台風を動かす上空の偏西風

台風から離れた北を吹いているのが原因です。




太平洋高気圧の周りをゆっくり回った台風は、

自動エスカレーターのような上空の偏西風に乗っかって

一気に方向と速度を変えて日本に向かってきます。




秋台風は動きが速いのが特徴です。

北にあった偏西風が南へ移動してくるからです。

だから雨や風に対して早めの対策が必要となってくるのです。


台風発生数.jpg


台風は、最近30年間の平均1年約28個発生します。

そのうち約3個が日本に上陸しています。

上陸しなくても11個の台風が日本列島に接近しています。

上陸する台風だけが被害をもたらすのではありません。

季節ごとでこれだけ台風の進路や速度が違ってくるのです。

これらのことを踏まえてニュースを観て下さいね!!

【台風の不思議をわかりやすく解説!!】
■ どうして台風は日本に向かってくるの?
■ 誰でもわかる、台風の進路予想図の見方
■ 台風と熱帯低気圧の違いって?


※台風の進路予想図は最新の観測値にもとづいて随時更新されますので気象庁のHPで最新の台風の進路予想図は必ず確認してください。

気象庁台風情報:http://www.jma.go.jp/jp/typh/typh5.html

米軍台風予想(JTWC):http://www.usno.navy.mil/JTWC/

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
※台風の進路予想図は最新の観測値にもとづいて随時更新されますので気象庁のHPで最新の台風の進路予想図は必ず確認してください。

気象庁台風情報:http://www.jma.go.jp/jp/typh/typh5.html

米軍台風予想(JTWC):http://www.usno.navy.mil/JTWC/

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 台風進路予想~米軍・最新版~速報2014 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。