So-net無料ブログ作成
★最新 台風18号2014の進路予想★
【10月6日】 

どうして台風は日本に向かってくるの?

こんにちは!

気象予報士Masakiです。

今日は、小学生でもわかるように

「どうして台風は方向を日本に向けて変えるのか?」を説明します。


名付けて

「週刊、こども台風ニュース!!」

です(笑)。

スポンサーリンク







まず、風の吹き方について説明しますね。

風は、高気圧の周りを中心から拡がるように、時計回りに吹きます。

低気圧の場合は、中心付近に収束するように反時計回りに吹きます。


では、ここで下の図をじっくり見ていましょう。

台風進路.jpg
この図は、台風が発生して北上している時の天気図です。


図の右下に1016hPaと書かれた高気圧がありますよね。

風は、黄色い線のように高気圧の周りを時計回りに吹いています。


台風は北上する時に

この高気圧の線(等圧線といいます)の縁を沿うように移動するのです。

まるで、陸上トラックを逆走するみたいですよね。


ですので、天気図を見たらまず太平洋にある高気圧の等圧線をみて下さい。

太平洋にある高気圧が、日本を覆うくらいに大きく張り出す場合は、

台風は中国の方に向かうイメージはつきますか?


この太平洋にある高気圧の張り出し具合が、日本に台風が直撃するかどうか左右するのです。


そして、赤い線に注目しましょう。


この赤い線は、上空の風

いわゆる

ジェット気流

とか

偏西風

とかいわれるやつですね。



台風は上空の風に流されて動きます。

台風が北上して、上空で強い西風(偏西風)が吹いている所に来ると

台風はその気流に乗って速い速度で北東へ進むのです。



自動のエスカレーターに乗っかるような感覚です。



ですから、台風の進路には

■太平洋にある高気圧の張り出し具合

■上空の偏西風の位置(上下に蛇行します)


この微妙なバランスによって

日本列島に直撃するかしないかが決まってくるのです。

わかりましたか?

【台風の不思議をわかりやすく解説!!】
■ どうして台風は日本に向かってくるの?
■ 誰でもわかる、台風の進路予想図の見方
■ 台風と熱帯低気圧の違いって?


※台風の進路予想図は最新の観測値にもとづいて随時更新されますので気象庁のHPで最新の台風の進路予想図は必ず確認してください。

気象庁台風情報:http://www.jma.go.jp/jp/typh/typh5.html

米軍台風予想(JTWC):http://www.usno.navy.mil/JTWC/

スポンサーリンク




タグ:台風 進み方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
※台風の進路予想図は最新の観測値にもとづいて随時更新されますので気象庁のHPで最新の台風の進路予想図は必ず確認してください。

気象庁台風情報:http://www.jma.go.jp/jp/typh/typh5.html

米軍台風予想(JTWC):http://www.usno.navy.mil/JTWC/

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 台風進路予想~米軍・最新版~速報2014 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。